不動産購入の流れ不動産を購入する時の流れをご説明します。

1

ヒアリング

どんなことでもお話し下さい

お客様のライフスタイルをお聞きしながら、お客様にあった最適な物件探しの方法をご提案いたします。
そして、お聞きした情報の中からお客様にあった物件が見つかるまで一生懸命ご紹介させていただきます。

2

物件案内

百聞は一見にしかず!
気になる物件があったら、とにかく現地へ

弊社では、可能な限り物件の所在を明示しています。建物内のご案内もさせていただきます。もちろん、物件の「ウイークポイント」も私たちがアドバイスさせていただきます。

3

購入のプランニング

お客様の立場にたってのプランニング

住宅ローンや購入にかかる費用をプランニングいたします。
ヒアリングした内容をふまえ、各種ローンの中からお客様に最適な条件の住宅ローンのプランニングいたします。
その他に税金面でのメリット等、様々なアドバイスをさせていただきます。

4

ご購入のお申し込み

ここでは価格交渉やお客様のご希望する条件などをお聞きしてお申し込みとなります。

5

売主様からお申し込みのご承諾

各種の条件をお互いに調整して承諾書が出ます。

6

重要事項の説明

宅地建物取引士が購入物件に関する法令上の制限やその不動産特有の決め事をなど、細部にわたるまでご説明させて頂きます。

7

売買契約締結

売主さんと買主さんとの間で、不動産売買契約の締結です。

8

住宅ローンの申し込み

不動産売買契約が完了したら、ローン申込みに必要な書類をそろえていただき、住宅ローンの申し込みを行います。

9

住宅ローンの承認

申込み金融機関より、融資の承認が出ます。この承認は一般的には、申込み後2~3週間です。

10

代金の支払い

買主さんは自己資金分のご準備と、住宅ローン借入分を売主さんにお支払い致します。

11

登記名義変更

売主様から買主様へ登記名義人の変更を行います。司法書士にこの業務を委任をし、法務局で受理をしていただきます。

12

引渡し

売主様がお持ちの鍵を全て買主様へお渡ししていただきます。そして、買主様の所有となります。

物件に関するどんな事でもお問い合わせください。