ご相談は無料です、お気軽にご連絡ください。

おすすめ

土地情報は、-件中、WEB上に-件公開しmypage内-件掲載させて頂き、 建物情報は、-件中-件公開しmypage内-件公開しております

ご相談は無料です、お気軽にご連絡ください。

横田商事の経営理念は、「上質な不動産売買の追求」です。
弊社の存在意義ミッションは、不動産売買を安心で解り易く公正なものにする事です。
ビジョンは、「不動産の情報格差を無くす」です。

不動産の情報格差を無くす

不動産情報の囲い込みを無くす

弊社はエリアの物件情報を一つでも多く公開することを目指し物件情報の囲い込みを無くします。物件は不動産業者のものでは無く売主のものという考えを基準に置きます。
そして、「セルフ住宅展示場」は、出来るだけ公開する多くの物件情報と自由に選ぶことの出来る住宅図面を自分で自由に納得するまで合わせることでオンリーワンの土地と住宅パーソナライズ・サービスを展開します。
住宅展示場にTVCMなどから漠然と訪れたお客様に各社が売込み型住宅営業で競うように訪問しましたがセルフ住宅展示場経由では土地を探し予約を入れてご来店しますので同じ営業マンが売り込み型からアドバイザーとなります。

お客様が知り得る情報量

お客様が知り得る情報量

不動産業者は取引する不動産の価値をよく知っていますが、買い手やまたは売り手はその不動産の価値を業者並みに知ることが困難であり、知識と情報の非対称性が存在することで、不動産は難しい或いは不動産に危険なイメージを持たれますが、弊社はその危険の元は知識と情報の非対称性に起因する不動産の価格が不明である事が問題の根源であると考えました。

価格を明確に

価格を明確に

この問題を解決する事を目的として不動産価格査定をサイト上で行い、自由に閲覧され、大体の価格がわかり、指標となるサイトが現れたら良いなぁと考えました。
地価天気予報という考え方です。
株価を株式会社東京証券取引所が毎日発表するように不動産でも不動産価格情報を牛耳る会社が出現するかもしれません。

過去の一般的な価格査定

過去の一般的な価格査定

不動産の価格査定は過去のデータを参考にして出しています。その為、バブル崩壊という言葉はご存知だと思いますが、例えば、長野県ではバブルが崩壊して商業地の不動産価格が下落したのは平成4年からです、対して住宅地の価格が下落を始めたのは平成9年からでした。もう少し付け加えれば、長野県飯田市ではバブル崩壊して商業地の不動産価格が下落したのは長野県全体と同じ平成4年からですが、住宅地の価格が下落を始めたのは平成10年からという風にバブル崩壊を知らないわけではないのでしょうが、タイムラグが生じていました。

価格査定に対しての特許を取得

価格査定に対しての特許を取得

これに関して弊社は、顧客情報からお客様のご希望を価格査定に反映することや人口動向から不動産需要を査定して価格を算出したらと考えました。この考え方(お客様の需要や人口動向を価格査定に反映する事)に特許を取得しています。
具体的には、査定価格が3000万円売り出し価格が3500万円であれば高く売りたいのだと判断できますし、売り出し価格が2800万円であれば売却を急いでいることがわかります。 AIの進化で不動産価格を適正に査定し一般的な価格を算出し売り急ぐ人買い急ぐ日がいた場合のことは現状の株式市場の様に機能したらいいと考えます。

不動産売買仲介は

不動産売買仲介は物件情報・顧客情報・価格査定

価格査定は不動産の価値を決める行為です。物件情報と顧客情報のマッチングが契約の成立です。価格査定は取引の価値が正しいのかの判断は欠かせません。
これらの情報や技術が一体となって近い将来、posシステム並みの情報管理と透明性のある価値査定で不動産業界の覇権を得る業者が出て来る事を想像しています。

不動産テック

不動産テック

産業革命・流通革命・情報革命、特に不動産は持ち歩くものではないので、フィンテック同様に不動産テックも情報革命の親和性が良い業界であると考えます。